ほら、こんなにも遠くに歩いてきた。

たまにね、忘れてしまうんです。
いま、難なくできていることも、
10年、20年、30年前は
これっぽっちも出来るだなんて
思ってもいなかった、ってことを。

もちろん、
それが「成長」ということ。

けれど、出来たことを
よろこび、祝福する間もなく
“まだまだこんなもの、次を、上を…”と
追い立て、駆り立てて。

そうしている間に
夢はその色を、一瞬で喪ってしまう。
「あたりまえ」の、その一言で。

あなたの願う
「その次」も、「その上」も、
気がつけば、ちゃんといつだって
あなたのそばにやってきた。
追い立てなくとも、
一歩一歩、歩みを進めたところに。

ほら。
あなたのいる場所から見える
風景こそが、その証し。

あなたが辿ったルートからでなければ
見えることのなかった、絶景。

 

関連記事

  1. 完成した自分じゃない。けど、今日が最高到達点。

  2. 自分が自分を必要としないで、どうする。

  3. 人生はリズムで、グルーヴで、セッション。

  4. 自分に「向き合う」のではなく、「隣に居よう」って、思ったんだ。

  5. “なにをやりたいと思っても、いいんだ”って思え…

  6. あなたがよろこぶ人生でなくっちゃ、意味がない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。