想い通りにならないことと、握手する

週明けからはすこし、状況が変化するのでは。
そんな空気が流れています。
  
折に触れて、母と体力づくりを兼ねて
近所を散歩するようにしています。
となりの駅までは
線路沿いにストレートに歩くと
あっという間についてしまうので、
住宅街の中をすこし遠回りしたり
駅前のお気に入りの公園の中を
ゆっくり歩いたりして。
  
きれいな夕空。
もうすぐひらきそうな睡蓮。
通りに咲く花々。
  
今度は睡蓮がひらいたところを
観にこよう、なんて話しながら、
母も私も、すっかり心と身体がほぐれました。
  
想い通りにならないことが
たくさん、たくさん
様々な場所で、様々な人々の心の中で
起こった数ヶ月。
  
その中で
戸惑ったり、憤ったり、
落胆したり、傷ついたりした人たちも
たくさん、たくさん居たと想像します。
  
自分の中の痛みに、
今まで以上に敏感になってしまうことが
多いかもしれない、この時の中で。
  
その痛みが、いつの日か
誰かの痛みへの想像力として
生まれ変わりますように。
そう願っています。
  
想い通りにならないことを
嘆いて、嘆いて、嘆いてもいいと思うんです。
  
嘆いて、嘆ききったあと。
想い通りにならないことの中に
埋もれていた、生まれてはじめて知る
可能性の種に、出逢えるかもしれません。
   
想い通りにならないことと握手できる日が、
誰の日々の中にも、きっと訪れる。
    
それが「いま」、じゃないかもしれない。
だけど、心を凍らせてしまうことがなければ、
それはやって来る。
  
世の中の空気が変わろうとも
しかし全てが解決したわけではない、この場所で。
  
何処かの誰かが、どんなことを言ったかに
心をとらわれることなく。
どんな世界を見て、自分は生きていたいか。
  
もしかしたら、
すくなくとも心の中は
史上最高に、自由になれるチャンスでも
あるのかもしれません。

 

関連記事

  1. あなたの「仕事」は、あなたを生きること。

  2. その夢は。

  3. 「自己」を「嫌悪」なんて、これっぽっちもしてなかった。

  4. 「揺れる」という力

  5. 「自分の理想とする自分の姿」とは違う姿に見えても。

  6. 跳ね返すチカラ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。