あなたがよろこぶ人生でなくっちゃ、意味がない。

もし、あなたが
生きる上でのハードルを
どんどん、上げている気がするなら。
それで、やる気が満ちてくるのではなく、
息があがって、苦しくなってる気がするのなら。
こんなことに
目を向けてみるのもいいかもしれません。

自分はいったい
誰のよろこぶ顔が見られる気がして、
誰がかなしむような気がして、
誰に嘲笑われる気がして、

“こんなんじゃ全然ダメだ、もっともっと!”と、
ハードルを上げて、走ってるんだろう――って。

ほんとうに
よろこばれるか、かなしまれるか、
嘲笑われるかは、わからない。

もっと言ってしまえば、
よろこばれても、かなしまれても、
嘲笑われても、どんな結果であったとしても。

あなたが本当はかなしかったら、それは意味がない。
あなたがよろこぶのでなくては、それは意味がない。
そう思うのです。

他でもないあなたが
よろこぶ人生でなくっちゃ、意味がない。
あなたの、うれしい顔がみたいんだ。

 

関連記事

  1. 「あのときと同じ」、なんかじゃない。

  2. あなたの「仕事」は、あなたを生きること。

  3. 「めんどくさい」に、針路をとれ。

  4. やさしくなれない自分を

  5. 孤独感の正体

  6. 証拠あつめは、もう必要ないんだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。