自分が自分を必要としないで、どうする。

誰かに必要だ、と言ってもらう。
“自分の好みのやり方で、自分に解るように”
態度であらわしてもらう。

その「あなたが焦がれる、恵みの雨」が
もし、あなたの望むように降り注がなければ
あなたは、そのまま枯れて朽ちてしまうの?

ちがう。
そんなことで枯れて朽ちてしまうような、
あなたがそんな、やわな命であるはずがない。

自分が、自分のことを
とことん必要とすること。
自分の今日を、明日を、観たいと思うこと。
観続けたいと、思い続けること。

自分が自分を必要としないで、どうする。
私は、自分の命に、用がある。

関連記事

  1. 形容詞に、しばられずにいこう。

  2. 「揺れる」という力

  3. 孤独感の正体

  4. 「あたりまえ」と「フツー」が、ごきげんを遠ざけるのなら。

  5. ほら、そこに、ちゃんとある。

  6. 誰もが、その存在でこの世界を震わせてる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。