人生は、いつだってここにある。

それはたぶん、ほんとうは
奪われるようなものでも、
手放すようなものでも、
捨てるようなものでもなく。

そんな、人まかせなものではなくって。

いつだって
そこに在るのに、
在り続けていたのに、
いっとき、見えなくなっていただけ。
見えないと思っていただけ。
見えないふりを、していただけ。

――なんじゃないかな。

人生はいつだってそこで笑って
手招きしてるんだもの。
だから、その懐に飛び込んで、
ただ、いっしょに笑えばいいんだ。

 

関連記事

  1. “知ってる”からこそ、”求める&#…

  2. 「あのときと同じ」、なんかじゃない。

  3. あなたの「仕事」は、あなたを生きること。

  4. 「揺れる」という力

  5. ほら、こんなにも遠くに歩いてきた。

  6. 「自己」を「嫌悪」なんて、これっぽっちもしてなかった。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。