「自分を愛する」って。

「自分を愛する」って。

それは、
ただ自分をかばうだけではなくて。
自分の正しさの後ろ楯として
誰かや、何かをおとしめることではなくて。
本当にほしいものの、
その少し手前の”代用品”に「ごほうび」と名づけて
自分に渡すことではなくて。
「むき出し」を「ありのまま」と呼ぶことではなくて。

たとえるなら、自転車の練習で
そっと手を放すときの想いのような。

きっと、真っ直ぐに走ってゆく。
そう信じる心。
そして、それと同じくらい、
派手に転んだってかまわない、という心。

そういうことなんじゃないかな、って思うのです。

 

関連記事

  1. ほら、こんなにも遠くに歩いてきた。

  2. 落ちこむ人が持っている『宝物』

  3. 「めんどくさい」に、針路をとれ。

  4. ○○することさえ、できる。だって、生きてるから。

  5. 人生は、いつだってここにある。

  6. The Gate of pink and white cherry b…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。