「理想の自分がいるところ」は、そこじゃなくて。

おそらく、みんな本当は解っているはずなんだけれど。
でも頭でイメージしてみると、意外にその「本当のところ」と
ズレてしまうんじゃないかな、と、前々からぼんやり思っていたことがあって。

それが、『理想の自分の”居場所”』なんですけれど。


……えええと。

この際、画力のことは抜きでひとつ…!(泣笑)
イメージですよ、イメージ(´▽`*;a エヘヘ

『理想の自分』と聞いて、多くの人がなんとなく思い浮かべる絵面って、
ひょっとしたら、この左の絵のイメージなんじゃないかな、と思ったわけです。


斜め上で、キラキラえっへん!と胸をはって立っている、
”未来の、理想の自分”。

その”未来の、理想の自分”が立つ場所を目指して向かっている、
”いまの自分”。

でも、これでは
”いまの自分”と、”未来の、理想の自分”が、
なんだかまるで「別の人間」みたいですよね。

無意識にもこんな感じの絵面でイメージしていると、どこかで
”いまの自分”を否定して、
”未来の、理想の自分”という「別の何者か」になろうという意識に
なってしまうのではないかな・・・と。

…で、他に何かいいイメージはないだろうか…と
無い画力をしぼって描いたのが、右の絵。


イメージとしては、
この大・中・小の人型の絵の、「中」の位置が
”いまの自分”のイメージで描いてます。

”いまの自分(中)”を、外側に大きく拡げ、育てていきながら(大)も、
同時に、”いまの自分”のコアな部分(小)を意識していく感じ。

”理想の自分という、別の何者か”になろうとするのではなく。
ググッと自分の本質に戻り、そこからグングンと、外側に拡げていく。

「理想の自分」は、はるか遠くの、上の方にいるのではなくって。
自分自身を力強く、大きく育て、拡げたところと、
自分自身のど真ん中にこそいるんじゃないかって。

そんなことを思うのです。

……慣れない、絵のようなナニかを描きながら(泣笑)。

 

関連記事

  1. 「自分の理想とする自分の姿」とは違う姿に見えても。

  2. つまらない、くるしいを、当たり前になんかしたくない。

  3. 跳ね返すチカラ

  4. 自分が自分を必要としないで、どうする。

  5. 「あたりまえ」と「フツー」が、ごきげんを遠ざけるのなら。

  6. わたしは、この世界にひとりだけ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。