そのままのあなたでいいんだよ、とは言わないけれど。

しみしみのおでんを
口の中でじゅわっ、とさせたときのような
そんな感覚で、最近よく、しみわたるように
“ああ、しあわせだなあ…”と感じています。

私のそばには、
胸いっぱいに信頼する人たちとの
笑顔あふれるコミュニケーション。
ずっと大切にしていきたいと思えるライフワーク。
他にも、あたたかいひかりを放つものが
たくさんあります。

そんな呑気な私にも、
しあわせだ、なんてこれっぽっちも
思えなかった日々があります。
世界は色あせ、背を向け、つめたく
自分から遠ざかったように感じられた日々が。

ずいぶん遠い記憶となり、
生乾きだった傷も
うっすらと痕が見えるかどうか…となったいま。
それでもたまに、その痕を
そっと、ていねいにさすってみることがあるのです。
“あの頃の自分に、このぬくもりが届けばいいな”、と。

もし、その手のぬくもりとともに
何か言葉を添えるとしたら、
こう言うのかな、と思います。

そのままのあなたでいいんだよ、
とは言わないけれど。
世界や、周りの人々へのおそれやおびえ、
不信から導きだしたそれではなく、
あなたが、心あたたかく晴れやかに生きたいと
心から願って、少しずつ思いついては
勇気をもってコツコツ試しているその工夫は、
ひとつ残らず、いまの私をあたためているよ、と。

私は、人生のすべての瞬間に在る
すべての私の味方でありたい。
そう思っています。

関連記事

  1. 自分を愛するとは、つまり。

  2. 力わざでなくたって、いい。

  3. 世界はきっと、あなたにやさしい。

  4. それでも、やっぱり「愛する」のが先なんだよ。

  5. こんなにも、「自分が生きてること」を肯定したい。

  6. 今日、あなたはあなたと、共にいましたか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。