かなしみの中に在る、自由も。

かなしみの中に在るひとのことを想うとき。

そのかなしみの海の底から、あたたかい陽のひかりの躍る水面へと
そっと手をとっていけたなら…と、そう想ったところで。

もしかしたら、それは傲慢なのかもしれないと思った。

思うさま、ただひたすらに
かなしみの深い深い海の底に在ることが必要な時間も、
もしかしたらあるのかもしれない。
”かなしみは、すみやかに癒えなければならない”と、
いったい誰が決められるのだろう、と。

「かなしみの中に在る自由」もまた、存在するのだと思う。

だけど。
あたたかい陽のひかりの躍る水面へと泳ぎ、浮上する力がほしいときは
いつだって求めてもらえれば、よろこんで手をとろう。

だからいまは、かなしみの中に在るひとのことを、
そっと、ずっと想っていようと思う。

—————————-
りんどうの花言葉:「あなたの悲しみに寄り添う」

 

関連記事

  1. 「自己」を「嫌悪」なんて、これっぽっちもしてなかった。

  2. 証拠あつめは、もう必要ないんだ。

  3. 自分に「向き合う」のではなく、「隣に居よう」って、思ったんだ。

  4. 想い通りにならないことと、握手する

  5. あなたがよろこぶ人生でなくっちゃ、意味がない。

  6. 最高の答えは。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。